歯科のこれからは

歯科のチェックポイント

初期段階の虫歯の歯科治療について

初期段階の虫歯が出来た場合の歯科治療について説明します。虫歯は、歯の表面のエナメル質が虫歯菌が生み出す酸によって溶かされて進行していきます。エナメル質がまだ、残っている部分に対しては、フッ素などで再石灰化する治療で済みますが、進行して再石灰化では治療できない初期の虫歯に進行した場合には歯科治療が必要になります。主な治療方法としては、虫歯で溶けた歯を削って、削った穴を埋めるためにプラスチック製の詰め物で埋める治療が一般的です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科医院でうがいをする時 All rights reserved