歯科で出るうがい薬

歯科医院のうがい薬の算定

歯科医院出されたうがい薬の算定

歯茎を切開して膿を出すような手術や抜歯などを歯医者で行った場合、お会計の際、窓口でうがい薬を渡されることがあります。一般の医院では処方箋をもらって、調剤薬局で薬をもらうケースが多いです。歯科医院の窓口でうがい薬をもらったときの料金はどうなっているかというと、処方料、外用薬の調剤料、薬価基準に基づいて算出した薬剤料を算定することになっています。薬そのもの以外のお金について説明します。処方料とはドクターがその患者の症状に合わせてお薬を選んだという手数料のようなものです。調剤料についてですが、調剤の行為ができるのは医師、歯科医師、薬剤師となっています。そのため、薬剤師がいなくても患者さんに自宅で使用するためのお薬を渡せば算定可能なのです。

うがい薬は歯科医で処方がいい

うがい薬はドラッグストアや歯科医で販売していますが、それぞれの違いについてご紹介します。市販薬は爽快感は期待できますが殺菌消毒効果はあまり期待できません。一方歯科医で販売されているうがい薬には殺菌、消毒効果の高い薬用成分が配合されています。これらは市販の商品では取り扱うことのできない薬用成分ですので、医者の説明のもと使用しましょう。薬を使うメリットは、口臭予防ができること、歯周病予防ができること、口内を清潔に保つことができることがあげられます。保険が適用されるので、安価で薬理効果の高いのでぜひ病院で相談してみましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科医院でうがいをする時 All rights reserved