歯科うがい薬で予防

歯科のうがい薬で予防をする

歯科医院のうがい薬で歯周病予防

みなさんは歯科でうがい薬をもらったことはあるでしょうか。もらっても使用していない人もいるかもしれません。歯をしっかりみがいていれば、うがいの必要はないと思うかもしれませんが、実際、口の中は細菌でいっぱいです。細菌は虫歯や歯周病の大きな原因になります。特に歯科で抜歯後は歯磨きもしっかりできないので、うがい薬の使用をおすすめします。うがいをすることで、細菌も減り、歯磨きをする時間がないときでも、虫歯や歯周病の予防に役立ちます。歯磨きは朝晩の2回だけという人も昼間に一度うがいを取り入れてみてはいかがでしょうか。

歯科のうがい薬は必要なの?

歯科で治療後、特に抜歯の後に痛み止めや抗生物質といっしょにうがい薬をもらいますよね。みなさんはきちんと使用していますか。ご存知の方も多いと思いますが、口の中は細菌でいっぱいです。歯をしっかりと磨いていれば必ずしも必要とは言えませんが、治療や抜歯の後は痛みを伴うことが多いため、どうしてもいつも通りにきっちりと磨くことが難しくなります。そのため、口内に細菌が増え、虫歯や炎症、歯周病の原因になってしまいます。ですから歯科で処方されるうがい薬は、歯磨きの補助として医師の指示通りにきちんと使用することをおすすめします。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科医院でうがいをする時 All rights reserved