歯科うがい薬の処方

歯科医院でうがいをする時

歯科うがい薬を処方してもらおう

うがい薬は歯周病菌や虫歯原因菌を抑制する効果のある薬です。市販されていますが、歯科で処方してもらう事をお勧めします。その理由として市販のものは病原菌を殺菌することができないからです。爽快感を売りにしている商品が多く何となくすっきりした気になっていても根本から解決は出来ていないのです。処方箋が必要な歯科で購入することのできるうがい薬は市販のものと成分が異なり、殺菌成分にも優れています。また歯の専門医に相談することはより患者に優れた物を指導、紹介してくれる為虫歯予防に効果的だといえるのではないでしょうか。

歯周病予防にうがい薬を使用

人の歯が抜け落ちる原因の第1位は歯周病です。これは歯肉と歯の接している所より上の方に溜まった歯石や歯垢に歯周菌が住みつき歯肉に炎症を起こすものです。少し赤くなった程度なら適切なブラッシングで改善できます。歯ブラシ、電動ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシなどを上手に使い丁寧なブラッシングを行います。方法は歯科で指導を受けるのがよいでしょう。歯周病が進行すると細菌が増殖し口の中がねばねばしてきます。ブラッシングと同時にうがい薬の使用もすすめられています。口臭の予防と口腔内殺菌、洗浄を目的とし、口に含みクチュクチュとゆすぎ吐き出します。この後水ですすいではいけません。こうした細かなことを積み重ね、定期的に歯科検診を受けながら自分の歯を守っていきたいものです。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科医院でうがいをする時 All rights reserved